▲ GRB/GRF/GVB/GVF/GH/GE 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
IMPREZA-NET オリジナル : ブレーキヒートシンク
 
 ▼ IMPREZA-NET オリジナル : ブレーキヒートシンク
 
 
 
 ブログで予告紹介 した 「 ブレーキヒートシンク 」 です。(^-^)v
 ブログでは表面処理を行う前の 「 アルミそのままの色 」 でしたが、ゴールド色に仕上げてみました。
 
  ※ 予告の順番的には 「 ルームミラー液晶モニター化 」 のほうの詳細記事を先に掲載する
    予定でしたが、まだいろいろと実験中の部分もあり、こちらを先に掲載することにしました。
    ご理解・ご容赦のほど願います。m(_ _)m
 
 
 ■ 詳細
 
   
 
  ブレーキローターに装着するヒートシンクです。
  ブレーキローターに被せてホイールで挟んで一緒にホイールナットで締め込むだけの簡単装着。
  サーキット等のスポーツ走行時に起こる 「 ノックバック現象 」 の対策パーツとして作ってみました。
 
  円周部分に 6 段の放熱フィンを装備しています。
  フィンとフィンの隙間は深く彫り込まれ、表面積増大と共にこれ自体が回転するワケですから
  物理的に放熱効果を得られる仕組みです。
 
  このヒートシンクで、ハードブレーキ時におこるブレーキローターの熱変形を少しでも軽減できれば、
  ノックバック現象も緩和されるかも知れない?  …のような感じかな。
 
  まあ、正直なところ、効果よりも見た目の凄さ・迫力度が目的だったりするんですけどね(笑)
 
  知り合いの工場で アルミの無垢材から全て削りだして作成してもらいました。
  そのため非常に手間がかかっております。(^^;; ヒヤアセ
  表面はゴールドアルマイトで処理し、無垢削りだし特有の高品質感と非常にマッチしていると思います。
 
  写真では伝えきれないですが、細部に至るまで上質な作り込みは圧巻です。
  これは本当に無垢削り出しだけが出せる高級な質感です。
  まさに純粋なレーシングカーだけが持つような、超高精度&超高次元な雰囲気を放っています!
 
  装着面は 5 ミリ厚になっていて、5ミリのスペーサーを入れたのと同じ状態 になります。
  そのほかの部分は 1ミリ 〜 2ミリ程度の薄さに仕上げ、見た感じよりも軽くなりました。
 
  なお、あえて装着面は肉抜き加工を行っていません。
  これはローターと密着する面積を減らさないためです。
  基本的にヒートシングですから、熱の伝導率を良くするため密着面積の確保が重要ですからね。
 
   
 
  上の写真(左) : 中心部は、社外ホイール用のハブリング一体型
             センターハブがキッチリ合うので、社外ホイール装着時の精度が増します。
             このおかげでハンドルのブレなど皆無。
 
  上の写真(右) : 重さは 567 グラム。
             装着している社外ホイールが純正と比べ1本あたり 2.8 キログラム も軽いので
             この程度の重量増は問題ないでしょう。
 
 
 ■ 装着したところ
 
   
 
   
 
  イイ感じにキマリましたね〜
  ホイールがチタンカラーなだけに、ローター部分のゴールドが活きていますよね。
 
 
 ■ リヤ側は。。。(^^ゞ
  
  
 
  リヤ側はローターとキャリパーの隙間に余裕が無いため、ヒートシンクは作成しませんでした。(^^ゞ
  代わりに某社のローターカバーを装着し、フロントと同様にローター中心部をゴールドに演出。
 
 
 
 ※ このページで紹介しているブレーキヒートシンクはサーキットでの使用を目的としたオリジナル品です。
   なお、このオリジナル品は、費用対効果の関係から今のところ製品化の予定はありません。
   あくまでも参考出品的な記事であることをご理解下さい。
 
 ※ 記事掲載日 : 2008/08/10
 
 
  IMPREZA-NET(インプレッサ ネット) スバル ・ インプレッサ全般 ・ WRX STI 総合情報サイト