▲ GRB/GRF/GVB/GVF/GH/GE 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
ないる屋 : WRC’08 コンセプトボンネット
 
ないる屋 のホームページへ
 ▼ ないる屋 : WRC’08 コンセプトボンネット
 
 新型インプレッサの GRB は、純正のままでも結構満足のいく作りですが、
 純正パーツの中で非常に残念なのが 「 ボンネット 」 なんですよね。
 
 なぜ非常に残念かと言うと、それは メチャメチャ重い鉄製のボンネット だからです。
 歴代の STI バージョンは、アルミ製で軽かったですからね〜
 
 そこで是非とも交換しておきたいのがボンネット。
 ないる屋さんの FRP 製のものに交換すれば約半分、10キロ程度の軽量化が可能なんです!!
 
 この部分が10キロも軽くなると走りも大きく変わってくると思いますよ〜
 重心位置が下がるのでコーナーでの安定性が増し、回頭性もUP!
 
 
 
 WRC'08 コンセプトルックで見た目もカッコ良くきまり、さらに軽量化で走りも良くなり、燃費も良くなる!!
 一石二鳥ならぬ、一石三鳥(笑)。
 
 なんと言っても、純正はマジすごい重さですからね (^^ゞ
 純正状態だとボンネットダンパーが装備されているおかげで実際の重さが判りにくいですが、
 力自慢の人でも1人で持つのがツライくらい重たいですよ。
 ちなみに私は純正ボンネットを1人で持てないと思います。。。(笑)
 
 
 
 ↑ 全体像はこんな感じ。やっぱりボンネットを交換していると迫力が違いますよね〜
 
 
 
 ボンピンは有り・無しが選択可能。 
 
 ダクト部分は裏から蓋が付きます。
 蓋は少し隙間があいているので、走行時に空力効果でラジエターの熱気がここから吸い出されて
 クーリング効率UPが期待できそう!
 ダクトの隙間から雨水の進入が心配の人は、コーキング等で隙間を埋めても良いでしょう。
 
 
 
 ※ 記事掲載日 : 2008/08/18
 
 
  IMPREZA-NET(インプレッサ ネット) スバル ・ インプレッサ全般 ・ WRX STI 総合情報サイト