▲ GRB/GRF/GVB/GVF/GH/GE 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
純正セキュリティーを強化!
 
ボンネットスイッチの取り付け
 
 ▼ ボンネットスイッチの取り付け
 
 GH / GRB 系のインプレッサには、純正セキュリティーが標準装備されていますが、
 やっぱりそれだけじゃ不安ですよね。(^^ゞ
 
 もちろん私の場合、多機能システムユニット を使って振動感知で威嚇するようにしているけど
 出来ればあともうひとつ、何か決めてが欲しい。。。
 
 そこで今回はセキュリティーでは定番中の定番、ボンネットスイッチを取り付けてみました。
 
 
 
 ↑ 市販されているボンネットスイッチ。
   通販ではカーポインツ ( http://www.carpointz.com/ ) などで安く売られています。
   実売価格で \350 〜 \500 ぐらいなので、とってもリーズナブル。
 
   1個だと心配な場合は何個か取り付けると非常に効果的 (^-^)v
 
 
 ■ 取付作業
 
  ※ 作業する時は、まずバッテリー端子を外しましょう
 
  
 
  ↑ ボンネットスイッチの取り付けは、S-craft 社 でやってもらいました〜
    エアロの改造・修理や、持ち込みパーツの取り付けなど、色々な事を引き受けてくれる便利なお店です。
 
    ちなみに取り付け位置は秘密です。(^^ゞ
    ( これを教えちゃったら、セキュリティーの意味が無くなっちゃうからね(笑) )
 
    ボンネットスイッチに市販の配線コード ( エーモン工業製 品番:1171 など ) を繋ぎ、
    配線コードはエンジンの熱の影響を受けないよう配線チューブなどで保護しながら
    ボンネット内を這わせて車内へと通してやります。
 
  
 
  ↑ 私の場合、後付けメーターを取り付けでインタークーラーを外した際に 後で何かに使えるだろうと思い
    予備の配線コードをこの穴に数本通しておいたので、今回はそのうちの1本を利用しました。
 
   
 
  ↑ ハンドル下の内張を外します。( 外したほうが作業がしやすいと思います )
    クラッチペダルの上方にコネクターが4つ差し込まれた黒い箱状の物があります。
    この箱状の物が 「 統合ユニット 」 です。車内に通した配線コードをここに結線します。
    4つあるうちの1番手前のコネクターです。( 上の写真の の部分 )
 
  
 
  ↑ コネクターを配線側から見た図です。 関係のない他の線は省略してあります。
 
    配線コネクター ( エーモン工業製 品番:E488 ) などを使い、上の図の 「 青/白 」 の色の線に
    ボンネットスイッチから引っ張ってきた配線コードを結線します。
 
    この 「 青/白 」 の色の線は、運転席のドアスイッチと繋がっている線です。
    ここにボンネットスイッチを繋げてやると、ボンネットが開いた時にドアが開いたのと同じ状態となり
    純正セキュリティーが作動するワケです。
 
    ※ 副作用として、ボンネットを開くとルームランプ等が点灯してしまいますが、、、、
      まあ、それで少しでもセキュリティー効果がアップすれば良しとしましょう。(^^ゞ
 
    なお、コネクターは一旦抜いてやると結線しやすいです。
 
  
 
  ↑ コネクターには 「 爪 」 の部分があって、そのままでは引き抜けないようになっています。
    押すと 「 爪 」 が引っ込む部分がありますので、そこを押しながらコネクターを引き抜きます。
    ( 上の写真のコネクターの例では の部分を押すと 「 爪 」 が引っ込みます )
 
  結線が済んだらコネクターを元の所に差して、外した内張を組み付けて作業終了です。
 
  あとは動作確認ですが、実はまだやってません(笑)
  警報を作動させるとかなりうるさいので、近所迷惑になってしまいますからね。
  今度、時間のあるときにでも、どこか空き地とか川原とか、他人の迷惑にならない場所で
  試してみたいと思います。
 
 
 
 ▼ 協力
  
 ■ 作業ならびに記事作成協力
 
   → S-craft 社
 
    エアロの作成・改造・修理や、持ち込みパーツ取り付けなど、色々な事を引き受けてくれるお店です
 
 
 ※ 記事掲載日 : 2009/01/27
 
 
  IMPREZA-NET(インプレッサ ネット) スバル ・ インプレッサ全般 ・ WRX STI 総合情報サイト