▲ GRB/GRF/GVB/GVF/GH/GE 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
GRB specC 用ボンネットダンパーの流用
 
 ▼ GRB specC 用ボンネットダンパーの流用
 
 
 
 ブログのほうにも書きましたが、最近のインプレッサの STI バージョンは鉄の重たいボンネットが
 標準装備になってしまっていますよね。 GDB系の頃までは軽いアルミ製が標準だったのに。。。
 今では specC や R205 等の限定車にしか付いていない。
 
 だから軽量化はもちろんのこと、ドレスアップも兼ねて FRP や カーボン製の軽いボンネットに
 交換してやるのがお薦めなんですが、そのまま純正の重たい鉄ボンネット用ダンパーを使うと
 ボンネットを閉じる時がかなり厄介。
 FRP ボンネットが純正ボンネットダンパーの伸びる力に負けてしまい 「 ミシミシ、バキバキ 」 と
 音をたてて折れそうになってしまうんですよね (^^ゞ
 
 実際、私の GRB には 「 ないる屋製 」 の FRP ボンネットを取り付けていますが、鉄ボンネット用の
 ダンパーをそのまま使用していましたので、ボンネットを閉じる時は慎重にゆっくりと気を付けながら
 閉めても 「 ミシミシミシミシ… 」 っと鳴ってました(苦笑)
 
 そこで最近おしえてもらったのが、specC や R205 等のアルミボンネット用のダンパー流用!
 
 軽いアルミ製ボンネット用に合わせた設定なので、FRP やカーボン製ボンネットにも使えます!
 
 
 
 ■ 部品について
 
  
 
  ↑ ボンネット側の取付穴が若干違いますので、加工が必要です。
 
  
 
  ↑ specC用ボンネットダンパーの品番はこれ。左右兼用なので同じ物を2本買います。
 
   
 
  ↑ ダンパーに取り付けるボールジョイントは別売です。
 
    車両にもともと付いている物は、ダンパーに圧入されていてなかなか外れません。
    無理して外そうとすると折れてしまうこともあります。買ってもさほど高いものではないですから
    新品を買って取り付けたほうが良いでしょう。 品番は上の写真をご覧下さい。
 
 
 
 ■ 加工と取り付け
 
   
 
  穴開け加工と取付作業は毎度お馴染み S-craft 社 に依頼しました〜
  ドリルで慎重に穴を開け直し、バリ等をキレイに削って仕上げてもらいます。
 
  
 
  ↑ 加工済みのダンパーを車両に取り付けて完成!
 
 
 取り付けた感想は 「 これは最高! 」 につきますね (^-^)
 非常にスムーズに開閉できるようになり、大変満足です!!
 
 
 
 ▼ お問い合わせ先など
  
 ■ 加工・取付に関するお問い合わせ先
 
   → S-craft 社 のホームページ
 
 
 ※ 記事掲載日 : 2010/02/16
 
 
  IMPREZA-NET(インプレッサ ネット) スバル ・ インプレッサ全般 ・ WRX STI 総合情報サイト