▲ GRB/GRF/GVB/GVF/GH/GE 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
アクシス製 GT-DRY ドライカーボンパーツ
スイッチパネル 4点セット

 
アクシス のホームページへ
 ▼ アクシス製 GT-DRY ドライカーボンパーツ スイッチパネル 4点セット
 
 先日ブログでご紹介した 「 アクシス製 GT-DRY ドライカーボン ・ スイッチパネル 4点セット 」
 取付詳細 ・ まとめ記事です〜
 
 
 ↑ つや消しタイプのドライカーボン・スイッチパネル。
   レーシーな気分を満喫できる本格ドライカーボンパーツ。
 
 
 ■ 加工・フィッティング・取付作業
 
  このパーツは、そこそこフィッティングが良いのでそのまま取り付けても良いのですが、
  純正のドアスイッチ部分にはネジ穴などがありますので、上からこのパーツを貼り付けてしまうと
  ドアの内張がバラしにくくなってしまうので、以下の加工を行うことにします。
 
  ドア内のオーディオスピーカーなど今後交換予定がある人は、この加工を行っておくのがお薦めです。
 
   
  ↑ 純正のドアの内張には、ネジが付いてます。
    そのままパーツを付けるとこの部分が覆われてしまい、内張がバラしにくくなるので加工します。 
 
   
  ↑ 純正ネジが隠れないよう、底部分カット。 
    更にフィッティングを良くするため、現車合わせしながら全体的に削って調整。
 
   
  ↑ 内張をバラす際に工具を差し込む部分も、やすりで削って加工しておきます。 
 
 
 ■ 各ドアのフィッティング状態
 
   
  ↑ 助手席側(左)と運転席側(右)
 
   
  ↑ 後部ドア
 
  
  ↑ 加工部分
    このように純正ネジが外せるので、このカーボンパネルを装着したまま純正内張が脱着可能。
 
    底部分が見えてしまうのが嫌な人は、黒っぽい色のカーペット生地やフェルト生地などを切って
    この部分に敷いておくと良いでしょう。
    ( センターコンソールボックスの底に敷いてあるようなヤツをここに敷いておくのが良さそう )
  
 
  ちなみに上の写真は完全なつや消しと言うよりも 「 半つや状態 」 になっていますが、
  これは前回もご紹介した保護剤の 「 クレポリメイト 」 を塗っているため。
 
  
 
  クレポリメイトは UVカット成分入りでカーボンの保護には最適です。
  また、つや消し仕様のドライカーボンに塗ると半つや状態になって高級感がグンッと UP!
  ドライのレーシーな質感も満喫しつつ、高級感も楽しめてこれはホントにお薦めですね。(^-^)v
 
 
 
 ▼ お問い合わせ先など
  
 ■ 製品に関するお問い合わせ先
 
   → S-craft ( ないる屋 ) アクシスパーツ取扱店
 
 
 ※ 記事掲載日 : 2012/01/18
 
 
  IMPREZA-NET(インプレッサ ネット) スバル ・ インプレッサ全般 ・ WRX STI 総合情報サイト