▲ GRB/GRF/GVB/GVF/GH/GE 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
NEOPLOT ( ネオプロト )製
「 オイルフィラーキャップネオ 」
「 バッテリーホルダーネオ 」

 
NEOPLOT ( ネオプロト ) のホームページへ
 ▼ NEOPLOT ( ネオプロト )製 「 オイルフィラーキャップネオ 」 、「 バッテリーホルダーネオ 」
 
   
 
 ボンネット内ドレスアップのニューアイテムは、私も超お気に入りのこの2つ。
 「 オイルフィラーキャップネオ 」 と 「 バッテリーホルダーネオ 」。
 
 オイルフィラーキャップって、結構いろんなメーカーから売られていますが、実際に使うと開けにくいモノが
 多いんですよね。 いくら形が格好良くても、開ける時に回しにくい、ゴツゴツしていて手が痛くなるなど。。。
 
 でも、この 「 オイルフィラーキャップネオ 」 は、使う人の事をちゃんと考えて作られたスグレモノ。
 機能美を兼ね備えた逸品です。
 キャップなんだから回しやすいって事は基本なんだけど、そうじゃない製品が多い中、これは根本的な
 大事な部分をしっかり考えて作られているのが、マジ嬉しい。
 
 それと今まで有りそうで無かったバッテリーステーのドレスアップ。
 アルマイトの質感が何とも言えず格好良い!
 材質にもステーとして粘りのあるアルミが使われていて、こちらもこだわりの逸品って感じですね。
 
 
 
 ■ 取付について
 
    
 
  オイルフィラーキャップは、交換するだけの簡単取り付け。
 
  バッテリーステーのほうは、車種によって注意が必要です。
  上の写真(右)は、純正ステーと並べて形状を比較しているところ。
 
  このように純正ステーが折れ曲がって一段下がった形状の場合、取り付けているバッテリーによっては
  固定用のロッドの長さが足りず、ナットがとまりません。
  上の写真では、ギリギリ 1回転ほどナットが回った状態。これだと緩んで取れてしまう危険性あり。
 
  このような場合は、ロッドを少し長いものに交換すれば OK!
  少し長いスバル純正のモノがありますので、ディーラー等で普通に購入可能です。
 
  ステーとロッドが綺麗になるので、ついでにナットも新品に(笑)
  ロッドは 240円、ナットは 10円です。
 
    
 
  ↑ 品番はこちらの写真を参考にして下さい。
 
  
 
  ↑ GRB に元々使われていたロッドとの比較。 ホント、ちょっとした違いですね。
 
   
 
  ↑ ロッドを入れ替えて無事に装着完了!
 
  これでボンネット内もイイ感じでドレスアップ出来ました〜
 
 
 
 
 ▼ お問い合わせ先
 
 ■ メーカー
 
   → NEOPLOT ( ネオプロト )
 
 ※ 記事掲載日 : 2012/05/11
 
 
  IMPREZA-NET(インプレッサ ネット) スバル ・ インプレッサ全般 ・ WRX STI 総合情報サイト