▲ GRB/GRF/GVB/GVF/GH/GE 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
テールランプのスモーク化
 

GRB インプレッサのテールランプのスモーク化について

 
 
 
 
 GT-DRY カーボンパーツの リアドアガーニッシュ を取り付けてセンター部分が黒くなったため、
 それに合わせてテールランプをスモーク化してみました。
 
 GR / GH 系は純正のテールランプユニットが白っぽくて、もともと以前から赤色かスモークとかにしたいと思っていましたが
 センター部分のカーボン化を機に色のまとまりの悪さが気になってしまいスモーク化を決意(笑)
 
 …で、その方法ですが、一般的にスモーク化には、塗装、またはフィルム ( もしくは半透明シート ) の貼り付けの 2種類の
 方法があります。
 
 塗装の場合はフィルム類と比べて耐候性に優れ、色艶などの変化が少なく綺麗に仕上がります。
 ただし、一旦テールランプを塗装してしまうとノーマルには戻せません。
 ( アルコール等で拭き取れる簡易タイプの塗装もありますが、普通のウレタン塗装と比べると耐久性等は良くないです )
 
 フィルム類を貼った場合は剥がせば簡単にノーマルに戻せる利点がありますが、塗装と比べると耐候性が弱く
 艶が引けてしまう場合があります。 そのため UVカットの保護艶だし剤を使ってこまめにメンテが欠かせません。
 
 このように、塗装もフィルム類もそれぞれ長所・短所がありますので、どちらが良いかは一概には何とも言えませんが
 私の場合は昔からプライベートでステッカー製作をやっている関係で材料を持っていること、貼り作業に慣れていることから
 今回は 「 貼り 」 のほうを選択しました。
 
 
 
      
 半透明のスモークシートをランプユニットに合わせて適当な大きさに切り出します。
 ステッカーの水貼りと同様に、石けん水を使って貼って行きます。

 使用したのは電飾用の半透明シートです。
 一応、耐候性 5〜7年タイプを使用していますが、透明系の寿命は実質 3年が目安だと思います。
 まあ、寿命に関しては使用環境とメンテナンスで大幅に変わりますので、このあたりはあくまでも目安ということで (^^ゞ 
 
 
 
      
 ゴムべらを使って気泡や水泡を抜きながら貼り付けて行きます。
 基本的にランプユニットは 3次曲面なので、ドライヤーで暖めたり、引っ張って伸ばしたりして馴染ませながら貼り進めます。
 
 表面が綺麗に貼れたら、裏面の余った部分をカッター等で切り捨てれば完成です。( 右上の写真の矢印部分を切り捨てる )
 
 
 
 
 こんな感じに貼れました〜
 
 このバックランプユニットに関しては、わりと平らな面が広いので貼りやすいと思いますが、問題なのはブレーキランプ側。。。
 曲面がきついので、熱を加えながら伸ばしたり縮めたり、それなりにテクニックが必要です。

  ※ さすがにブレーキランプ側は 1人で貼りながら写真を撮る余裕が無く、写真はありません m(_ _)m
 
 
 
 
 完成したところ。
 カーボンパネルとの色の相性も良い感じですね〜
 
 
 
 
 ちなみにブレーキランプ側は、矢印部分に 2つ突起というか段差のような部分があり、大変貼りづらいです。
 この 2つの段差を上手く伸ばしながら馴染ませ、さらに外周部分も曲面がきついのでシワにならないように
 収拾させることがコツです。
 
 
 それと、フィルムや半透明シートは、塗装と比べると水垢が付着しやすいので、貼ったらすぐにワックスを塗り、
 時々メンテナンスとして UVカットの保護艶だし剤を塗っておくのがお薦めです。
 
 

備考

 
 ※ 記事掲載日 : 2012/11/21

ページの上部へ