▲ GRB/GRF/GVB/GVF/GH/GE 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
OPコネクター ( のれんわけハーネス ) からの電源の取り方
 
〜 社外電装品の電源や各種信号線に繋ぐにはここから (1) 〜
 
 ▼ OPコネクター ( のれんわけハーネス ) からの電源の取り方
 
 GD の頃からメール等でよく受けるのが
 
  「 ナビを付けたいので、のれんわけハーネス を買ったが、どこに差してよいか判らない 」
 
 と言ったご質問 (^^ゞ
 
 確かにこの 「 のれんわけハーネス 」 の接続先である 「 OPコネクター 」 の位置は
 クルマの配線類に慣れていないと探しにくいんですよね。
 
  ※ のれんわけハーネスとは…
 
      
 
    カーナビや社外の電装品を取り付ける際に、電源や車速等、各種信号線に接続しやすくするよう
    スバルの純正パーツとして売られている 「 電源 & 各種信号の取り出し専用ハーネス 」 のこと。
    車体側に装備されている 「 OP コネクター 」 に差し込んで使用します。
    ギボシ端子が付いているので、ここから簡単に電源などが取れるワケです。
    スバルのディーラーで購入可能。( 品番 : H0077AG020 ) 値段は 2千円ぐらいです。
 
 
 OP コネクターがあるのは、位置的にはアクセルペダルの上あたりなんですけど、もう少し判りやすく
 写真で解説しておきますね。
 
 ※ 作業のはじめにショート等の危険を避けるため、まずバッテリーのマイナス端子を外しましょう。
 
  
 上の写真(左)  ここまでの内装のバラし方は、こちらのページ をご覧下さい。
 上の写真(右)  ヒューズボックスの の部分の ナット & ボルト をボックスレンチ等を使って外します。
 
  
 上の写真(左)   のコネクターを抜きます。 の部分を上方向に押して引き抜けば抜けます。
 上の写真(右)  コネクターを拡大した写真。 押すのはここです。 
 
 
  
 上の写真(左)  ヒューズボックスを手前に引っ張り出します。
 上の写真(右)  ヒューズボックスの後で、テープで縛られているのが 「 OP コネクター 」 です。
            ここに 「 のれんわけハーネス 」 を差し込んで使用します。
 
 ※ カーナビ等を取り付けている場合は、既にテープから外されて OP コネクターに他のケーブルが
   繋がっている場合があります。 その場合は一旦 OP コネクターを抜いて、のれんわけハーネスを
   間に入れるように接続すれば OK です。
 
 ちなみにここまで内装をバラさなくても、DIY 作業に慣れている人なら、ちょっと頭を運転席の足もとに
 潜り込ませれば充分に作業は可能ですが、配線類を綺麗にまとめたりするにはバラして作業するのが
 お薦めです。(^^ゞ
 
 
 なお、「 のれんわけハーネス 」 を使用しないで 「 OP コネクター 」 の配線に直接繋ぐ方法もあります。
 エーモン工業 等から販売されている 「 配線コネクター 」 を使用する方法です。
 
   
 
  ↑ 配線を挟むだけで簡単に接続可能な 「 配線コネクター
    右の写真のようにペンチやプライヤー等を使って配線を挟み込んで使います。
    ( エーモン工業製  品番 : E488  商品名 : 配線コネクター )
 
  
 
  各配線の主な構成は、以下のようになっています。
  
 番号  配線色  
 1  白 / 赤  常時電源 ( バッテリー電源 )
 2  黄 / 赤  アクセサリー電源
 3  緑 / 黄  IG 電源
 4  紫  イルミネーション電源
 5  桃 / 緑  車速信号
 6  茶 / 黄  バックランプ
 7  黒  ボディーアース
 8  灰  パーキングスイッチ信号
 11  緑 / 黄  ドアスイッチ信号
 正確にはルームランプの作動と同様の信号です。
 オフディレイ(残光)機能、ウェルカム(アンロック時に点灯)機能も
 同様に働きます。
 12  黄 / 青  リヤゲートスイッチ信号
 13    オルタネーター信号
 
  このように、大概のモノはここから取れます。 (^-^)v
 
  ここから取れないのは、ウインカー ( ハザード ) ぐらいかな。
  あとはもっと簡単に電源だけ取りたい場合はヒューズから直接取っても良いでしょう。
  このあたりはまた後日、解説しますのでお楽しみに〜 (^-^)ノ
 
 
 
 ※ 記事掲載日 : 2008/01/03
 
 
  IMPREZA-NET(インプレッサ ネット) スバル ・ インプレッサ全般 ・ WRX STI 総合情報サイト