▲ GRB/GRF/GVB/GVF/GH/GE 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
ヒューズボックスからの電源の取り方
 
〜 社外電装品の電源や各種信号線に繋ぐにはここから (2) 〜
 
 ▼ ヒューズボックスからの電源の取り方
 
 前回はOPコネクターから 「 のれんわけハーネス 」 を使った電源の取り方 をご紹介しましたが、
 今回はもっと簡単にヒューズボックスから電源を取る方法をご紹介致しますね。
 
 ※ 作業のはじめにショート等の危険を避けるため、まずバッテリーのマイナス端子を外しましょう。
 
  
 上の写真(左)  インプレッサのヒューズボックスは、ここにあります。
 上の写真(右)  ヒューズと差し替えて使う 「 ヒューズ電源 」 ( エーモン工業製 ) です。
 
 
 【 ヒューズ電源の使用例 】
 
   
 
  このように、ヒューズと差し替えて使用します。
  上の写真の例だと、20アンペアのヒューズから電源を取っているところです。
  ( ただし、使用可能な最大電流は 10アンペアまで ) 
 
 
 では、実際の取り方について、ヒューズ表 ( ヒューズボックスの蓋の裏側に貼られてます ) を使って
 各電源別にご紹介しましょう。
 
 
 【 常時電源 ( バッテリー電源 ) の取り方 】
 
   
 
   常時電源は、上の のところから取れます。
   万が一、ヒューズが切れてしまっても走行等に支障が無い所を選ぶとすると、上段の右から
   3番目にある 「 DOOR LOCK 」 のヒューズが良いかも知れません。
 
 
 【 アクセサリー電源 ( ACC ) の取り方 】
 
  
 
   アクセサリー電源は、上の のところから取れます。
   こちらも万が一の際に支障が出ない所を選ぶなら、3段目1番左にある 「 12V PLUG 」 から
   取るのが良いでしょう。
 
 
 【 イグニッション電源 ( IG ) の取り方 】
 
  
 
   イグニッション電源は、上の のところから取れます。
   各段の右から1番目・2番目は全てイグニッション系のヒューズですね。
   ここはどれもヒューズが切れると走行に支障が出ると思われますので、もしここに消費電力が多い
   モノを繋ぎたい場合は、リレーを入れて直接引き出さないようにすると良いかも。
   具体的には下の図のような感じかな。
   ヒューズ電源とリレーを下の図の様に繋げると、イグニッションのヒューズに大きな負荷をかけずに
   イグニッション電源を取ることが可能になります。
   
   
   ( エーモン工業製 品番 1244 4極リレーを使った場合 )
 
 
 【 イルミネーション電源の取り方 】
 
  
 
   イルミネーション電源は、上の のところから取れます。
   ここも、消費電力が多いモノを繋ぎたい場合は、上で紹介したようにリレーを入れてやるのがお薦め。
 
 
 
 
 
 ※ 記事掲載日 : 2008/02/05
 
 
  IMPREZA-NET(インプレッサ ネット) スバル ・ インプレッサ全般 ・ WRX STI 総合情報サイト