▲ GRB/GRF/GVB/GVF/GH/GE 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
スリット入りブレーキローター
( 塗装済みタイプ )

 
 ▼ スリット入りブレーキローター( 塗装済みタイプ ) の取付
 
 
 ↑ 某オークションで入手したスリット入り塗装済みのブレーキローターです。
   左右2枚セットで 約1.7万 ( 片側 9千円以下 ) だったので、お買い得だったと思います〜
   ハッキリ言って、ブレーキパッドやローターは消耗品ですから、安いと本当に助かります。(笑)
   無論、安くてもスリット入りなのでノーマルより効きの向上が充分に期待できそう!
 
   …というワケで、早速 S-craft 社 で取り付けてもらいました!
   オークション等で買ったパーツを付けてもらえる大変便利なショップです。
 
 
 ■ 取付作業
 
   
  ↑ ホイールを外し、ブレーキキャリパーも外してローターを抜き取ります。
 
   
  ↑ 新しいローターは錆止めなどの目的でオイルが塗布されていることがありますので、
    ブレーキクリーナーを使って徹底的に脱脂を行ってから組み付けます。
 
   
  ↑ 新品ローターに交換したらブレーキパッドも交換するのがベスト。
    今回は ゼロスポーツの周年祭 で安価にゲットしておいた 「 ZP-B 」 を入れます。
 
    ブレーキパッドグリースは前回パッド交換時と同様にワコーズの 「 ブレーキプロテクター 」 を使用。
    このグリースはブレーキタッチを極力変えずにブレーキ鳴きを緩和させるのでお薦めですね。
 
   
  ↑ キャリパーまわりを綺麗にお掃除。
 
    ブレーキローターは上の写真(右) のように取り付けています。
 
    この向きに付けるとブレーキの効き重視で初期からカッチリ効く傾向 になります。
    あと、パッドとローター面の当たりが付くまで、ブレーキ時に振動 ( ジャダー ) が出やすいかも。
 
    逆向きにした場合は初期タッチがマイルド傾向で、ダスト排出性がよくなる と言われています。
 
   
  ↑ ホイールを取り付けて完了です (^-^)v
    ( ちなみにセンター部分にあるのは、 ブレーキヒートシンク です )
 
 
 
 ▼ オークションで入手した部品を取付してくれる店
 
 ■ オークションで入手した部品を取付してくれる店
 
   → S-craft
 
 
 ※ 記事掲載日 : 2010/10/31
 
 
  IMPREZA-NET(インプレッサ ネット) スバル ・ インプレッサ全般 ・ WRX STI 総合情報サイト