▲ GRB/GRF/GVB/GVF/GH/GE 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
カスタマイズ・ラボ 番外編
S-craft 社 GDB型デモカー製作レポート 2

 
 ▼ カスタマイズ・ラボ 番外編 S-craft 社 GDB型デモカー製作レポート 2
 
 先日掲載致しました 「 S-craft 社 GDB型デモカー製作レポート 」 の続きです〜
 今回は製作工程の詳細です。
 
 
 ■ バイナルグラフィックやロゴステッカーを貼るレイアウトを考える
 
  バイナルグラフィック ( 以下、バイナルと略 ) やロゴステッカーは、ただ漠然と貼るのではなく、
  少しでも無駄が出ないよう、計画的に進めていくのがお薦めです。
 
   ※ バイナルグラフィックとは…
 
     バイナル = vinyl = ビニール のことです。
     ビニールで出来ているカッティングシートで作った模様や絵柄が 「 バイナルグラフィック 」。
     今回の作成例では、オレンジのギザギザパターンと、その影として入れている赤のギザギザが
     バイナルグラフィックに該当します。
 
  
  それにはまずは車の写真を撮って、その写真にロゴデータなどをパソコン上で合成しながら
  ステッカーの大きさ
貼り位置を検討して行きます。
 
  …で、↓ こちらがその合成写真。
 
  
 
  このように 「 実際に貼った状態 」 に非常に近い画像を作り、この画像を元に
  各ステッカーの実際に作成するサイズを細かく割り出して行きます。
 
   ※ イラストは、作者の許可を得て使用しています。
 
 
  ↓ もちろん逆サイドの合成写真も作って、左右で違和感が無いよう調整します。
 
  
 
  ↓ ちなみに、当初のレイアウト案がこれ。
 
  
 
  ↑ これでも充分にスポコン系として成り立っていると思いますが、、、、
    いまいちインパクトに欠ける気がして(笑)、イラストを入れることになりました。
 
  ↓ 前後の写真も撮って、こちらも合成を行いレイアウト案を煮詰めます。
  
    
   
   
 
  レイアウトが確定したら、これらの画像を元にバイナルやロゴのサイズを割り出しながら
  カッティングプロッター ( カッティングシートを切る機械 ) 用のデータ作り。
 
  私的には、この作業が一番大変かも。(苦笑)
  データ次第で、最終的な出来栄えが大きく変わってしまいますからね〜
  ですので、時間をかけてじっくりと完成度の高いデータを作ります。
 
 
 
 ■ 実際の貼り作業
 
  データを作ったら、カッティングプロッターでシートを切ります。
 
   
  ↑ バイナルは、オレンジと赤色の2色の組合せ。 このように事前に貼り合わせておきます。 
 
  
  ↑ 車 1台分のバイナル。1色 15メートルぐらい使ったので、2色で約 30メートルありますね。
    貼る前の下準備だけでも、結構時間がかかって大変な作業です (^^ゞ
 
    
  ↑ オレンジと赤色を組み合わせたあとは、その上に転写用シートを貼って車に貼り付けます。
 
   
  ↑ ドアの切れ目などはドライヤーを使って暖めながらしっかりと貼り付けます。 ( 上の写真 : 左 )
    気泡が残っていないか、目を凝らして貼った箇所を全てチェック。( 上の写真 : 右 )
 
  ↓ バイナルが貼り終えたら、その上にイラストステッカーを貼り込みます。
 
   
  ↑ 印刷されたイラストステッカーは、普通のカッティングシートよりも厚めなので、
    ドライヤーで強く熱して車のボディー面に馴染ませるように貼り付けます。
 
   
  ↑ 最後にロゴステッカーを貼れば完成です!
 
    …と、簡単に書きましたが、車に貼るだけでも実質まる2日はかかる作業量。。。(^^ゞ
    ちなみに貼り作業には、もちろん私も参加しています。
    本当にお疲れさまでした m(_ _)m
 
 
 
 ■ まとめ。。。
 
  デモカー作りということで、コンセプトとしては 「 目立ったモン勝ち 」 って感じでしょうか(笑)
  目立つこと、目をひくこと、デモカーとしての最重要課題です。
 
  ベース車両が ガチの WRCar フルレプ車でしたからね。
  これを生まれ変わらせるため大変身です。
 
  インプレッサの基本色とも言える WRブルーのボディーカラーを活かしながら、
   「 WRCar にとらわれない、自由で楽しい車作り 」
  のような印象を見た人が感じて頂ければ幸いです。
 
  分類的には、大ざっぱに言って 「 痛車 」 の派生系だと思います。
  ただし、アニメやゲームのキャラクターがメインの ( …というかオンリーな ) 痛車と比べ、
  使用面積的にもバイナルグラフィックとロゴステッカーの方がメインになっていますので
  しいて言うならば、スポコンとのフュージョン系 ( イラストフュージョン ) って感じでしょうか。
 
  いずれにしましても、バイナルやロゴステッカーだけよりも、印刷されたイラストを入れると
  見栄えもガラッと変わりますし、貼っていて楽しいですね〜
  ちょっとヤミツキになってしまうかも知れません(笑)
 
   
 
  
 
  ※ イラストは作者の許可を得て使用しています。( 公認車 )
 
 
 
 ▼ お問い合せ先
 
   S-craft 社のホームページ
 
 
 ※ 記事掲載日 : 2011/02/07
 
 
  IMPREZA-NET(インプレッサ ネット) スバル ・ インプレッサ全般 ・ WRX STI 総合情報サイト