▲ 工房写真館 メニューへ
 
 
2007/02/10 ローランド ディー.ジー.(株)主催 ステカ交流会
 
 
 ▼ 2007/02/10 ローランド ディー.ジー.(株)主催 ステカ交流会
 
 
 
 ステッカー作りの友 「 ステカ 」 の生誕10周年を記念して、発売元の ローランド ディー.ジー.社
 東京営業所ショールームで、ステカユーザーの情報交換やこれから導入しようと考えている方々
 むけのセミナー等を目的とした 「 ステカ交流会 」 が行われました。
 
 ※ ステカとは…
 
  いわゆる 「 カッティングプロッター 」 と呼ばれる機械のひとつで、ステッカーを作る道具です。
  コンピューター上で図柄を作成し、プリンターに出力するようにステッカーが作れます。
  一般的にカッティングプロッターは業務用の機械であり、非常に高価なモノなのですが、
  このステカのシリーズはコンシューマ機と言えるほどお手頃価格 & 使いやすい製品です。
 
 
 ▼ 展示物
 
   
 
  ショールーム内には、歴代のステカが展示されていましたよ!
  生誕10周年ということで、やはり歴史を感じますね〜
  上の写真(右)は、記念すべき初代ステカ。
  スキャナー機能とカット機能が一体となっている複合マシンです。
 
   
 
  カッティングプロッターは単にステッカーを作るだけでなく、「 シートを切る 」 をいう機能を活かして
  様々な用途に利用することが出来ます。上の写真はそのほんの一例です。
 
  ガラス工芸や、Tシャツ作りなど、使う人の工夫次第で無限の可能性があると言って過言では
  ないと思います。 ちなみに当サイトのオリジナル製品 「 センターデフインジケーター 」 や、
  「 ウォータースプレーインジケーター 」 のプラスチックケースは、カッティングプロッターを利用して
  ケース加工を行っています。( 加工時のマスキング材作成や、けがき位置の寸法出しに利用 )
 
   
 
  ↑ これは、ステカの兄弟マシンとも言える 「 メタザ 」 です。
  カッティングプロッターはマーキングフィルム ( カッティングシートなど ) を切る機械ですが、
  このメタザは金属等に直接マーキングを行うための 「 メタルプリンター 」 です。
 
  例えば、「 ZIPPOライター 」 の表面に写真調のマーキングが施されたモノがありますよね。
  そうです、あれを作る機械です。
  最近では、ペットショップでペットの写真をメタルプレートにフォトマーキングするサービスが
  ありますけど、あれもこういったメタルプリンターで作っています。
 
 
 ▼ 無料セミナー & 情報交換など
 
   
   
 
  ステッカー作り入門としての無料セミナーや、ステッカー作りに使うシートに関する講演、
  そして、ステカ開発者による誕生秘話など、非常に中身の濃いお話を多く聞けました!
 
  このような会は今回だけでなく、是非もっと開催して頂きたいですね。
  プロッターメーカーさんや、シートメーカーさんから直接お話をうかがえる機会なんて
  普通は無いですから、本当に貴重で有意義な時間を過ごせたと思います。
 
  私もちょこっとだけですが参加者の皆さんの前で、レプリカ車の紹介とステッカー作りに
  関するお話をさせて頂きました。 (^^;; ヒヤアセ 
  この日、突然頼まれたので、かなり緊張してシドロモドロになってしまいましたが(苦笑)、
  自分で手がけた作品を皆さんに披露できたことは大変嬉しかったですね。
  これはローランド製品ユーザーの一般人代表として、大変栄誉な事だと感じました。
  ローランド社がステカ生誕10周年記念行事の場にカーマーキング作品の展示として
  選んだのは、他の誰でもなくこの私の作った作品だったワケですからマジで感無量です!
  今後もステッカー作りに精進して行きたいと思いましたね(笑)
  
 
  
 記事掲載日 : 2007.02/11
 
 
 
 IMPREZA-NET(インプレッサ ネット)