▲ VAB/VAG/VMG/VM4 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
ハンドル右横 ( 運転席の足もと ) パネルのバラし方
 
( 社外電装品の電源や各種信号線に繋ぐにはここから )
 

WRX-STI (VAB) ハンドル右横 ( 運転席の足もと ) パネルのバラし方

 
 
 【 必要な工具類 】

  ・ マイナスドライバー ( 普通サイズとそのほかに先端の細い物があると良い )
  ・ プラスドライバー
  ・ 保護用のマスキングテープ、養生テープ、ガムテープ等
 
 
 
 作業のはじめに、ショート等の危険を避けるため、まずバッテリーのマイナス端子を外しましょう。( WRX-STI )
 WRX-STI 以外は、バッテリーセンサーを外して作業しましょう。

  
 
 内張パーツは傷が付きやすいので全体的にマスキングテープで覆っておくのがお薦め。
 矢印の部分に下からマイナスドライハー等を使って手前に引っ張るとサイドのパネルが外れます。
 
 
 
 
 外したパネルの裏側写真です。 ( 左側のは 助手席側のパネル )
 外す際にピン位置の参考にして下さい。
 
 
 
 
 続いて の位置にあるネジを抜きます。
 
 
 
 
 ネジを抜いたらパネルは手前に引っ張れば外れます。( 端のほうから少しずつ引き抜くと外れやすいです )
 なお、パネルはなるべく水平に引き出して下さい。斜めに引っ張ると固定ピンが傷みやすくなります。
 
 
 
 
 パネルの裏側です。スイッチ類に繋がるコネクターはすべて抜いて下さい。
 
 
 
 
 すべてのコネクターには 「 爪 」 の部分があって、そのままでは引き抜けないようになっています。
 押すと 「 爪 」 が引っ込む部分がありますので、そこを押しながらコネクターを引き抜きます。
 ( 上の写真のコネクターの例では矢印の部分を押すと 「 爪 」 が引っ込みます )
 
 
 
 
  ハンドル右横 ( 運転席の足もと ) パネルが外れたところ。
 
 
 
 
 外したパネルの裏側写真です。 ( 左側のは ハンドル左のパネル
 外す際にピン位置の参考にして下さい。
 
 
 
 大体の信号線や電源は、この周辺から取り出せます。
 詳細につきましては、また後日掲載致します。m(_ _)m
 
 
 
 

備考

 
 ※ 記事掲載日 : 2014/09/24

ページの上部へ