▲ VAB/VAG/VMG/VM4 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
クスコ製オートレベライザー・アジャストロッド
 

クスコ製オートレベライザー・アジャストロッド


 先日ブログでご紹介した 「 クスコ製オートレベライザー・アジャストロッド 」 の取付詳細です。
 
 
 車高調で車高を下げると、ヘッドライトのオートレベライザーセンサーがリア側しか無いので、
 リアだけ下がったと誤認識して光軸が下がってしまいます。
 
 これは、それを修正するためのアイテム。
 
 ヘッドライト自体の光軸調整でなんとかなる車両でも、オートレベライザー本来の可動範囲が片寄ってしまうので
 これを使って調整するほうが良いと思います。
 
 
 
 VAB 用の品番は 「 00B 628 C 」 です。
 スーパーショートというタイプで、調整幅が 55〜59mm のもの。
 
 
 
 
 リアサスのこの部分に付いている純正ロッドを外して交換します。
 
 
 
 
 外したところです。
  
 
 
 
 純正ロッドとの比較。
 クスコ製は、ネジでロッドの長さが変えられるようになってます。
 ちなみに、このネジは片側が逆ネジで、中央の六角部分を回すと長さが変わる仕組み。
 
 落とした車高に合わせて、この部分で調整するワケです。
 
 
 
 
 交換作業中。。。
 
 作業はいつものように S-craft 社 でやってもらいました。
 通販で購入したパーツを取り付けてもらえるので、とても助かってます m(_ _)m
 
 もちろん、調整もしっかりやってもらいました。
 
 
  
 
 こんな感じです。 結構短めにしています。
 
 
 
 
 光軸確認です。
 だいたいヘッドライトの高さで水平に照射。
 水平以上にしてしまうと、距離が離れるほど上を照らして対向車に迷惑をかけてしまうので、これが限界かな。。。
 
 
 
 
 光軸確認その2 です。
 イイ感じに照らすようになったと思います。
 
 
 
 

備考

 
 メーカーページ : クスコ ( CUSCO )
 
 取付作業 : S-craft
 
 
 ※ 記事掲載日 : 2016/03/30

ページの上部へ