IMPREZA-NET

▲ VAB/VAG/VMG/VM4 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
S-craft (ないる屋) 社製 WRX(VAB)用

フロントバンパー ( ワンオフ品 )



WRX-STI (VAB) 用 S-craft (ないる屋) 社製 フロントバンパー ( ワンオフ品 )

 
S-carft (ないる屋) 社製の VAB 用 フロントバンパー ( ワンオフ品 ) です。



先日、排気量を 2.2リッター ( 公認 ) にしました。

2.2リッターと言えば、やっぱり思い出すのは 名車の 「 22B 」 ですよね〜

22B の元である 「 インプレッサ WRカー 1997 」 が登場してからちょうど今年で 20年!
( レースデビューは 1997 年の WRC 初戦ですが、登場したのは 1996 年末 )

それをそのまま今風にアレンジすると、こんな感じかな? ってのがコンセプト (^^ゞ
22B や当時の WRカー を思い出させる形状です。

左右のカナードと、その下のカップスポイラーを外せば、かなり 「 スッキリ顔 」 になります。




 
上の写真 : 左は本物の 22B ( ないる屋製 2000年仕様バンパー装着車 )
上の写真 : 右は GC8 ( STI 製バンパー装着車、このバンパーが 一般的に言うところの STI バンパー です )

当時、ホントにこの形状のバンパーが流行ってましたよね。 もちろん GC8系では今でも人気のバンパーです。
ってゆーか、STI がWRX 用の後付け FRP エアロバンパーを販売したのは、この時だけかと。
そのぐらい需要があったバンパーで、当時はスバルが WRC 3年連続マニファクチャラーズタイトル獲得もあって、
強かったスバル 」 の象徴そのものでした。

「 STI と言えば、このバンパー 」 、これは現在でも変わらない栄光のレジェンドでしょう。





…とゆーワケで、S-craft ( ないる屋 ) 製のフロントバンパーに、「 22B タイプのフォグカバー 」 を組み合わせる
ワンオフ加工を行ってもらいました。





実際、このフォグカバーは今のところダミーなんですが、カバー自体は脱着式で作ってもらいましたので
あとから大型のフォグランプを埋め込んでも良さそうです。

その場合は純正フォグを外して、ダクトにするとイイ感じになりそうですね〜





個人的には、懐かしさと新しさが混在する魅力的なフォルムに仕上がったと思います。

量産エアロも良いけれど、こんなふうに組み合わせて作るワンオフ品もなかなか面白い!
シンプルながらも 「 STI バージョン 」 らしさが強調されてますよね (^o^)v




備考

 
メーカーホームページ : S-craft (ないる屋)

※ 記事掲載日 : 2016/12/08

大好評! オリジナルユニット!

オリジナル通販

特別仕様商品

IMPREZA-NET

BRZ & 86