▲ VAB/VAG/VMG/VM4 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
EJ20改 公認 2.2 リッター化
 

第3話 公認の取得方法について


 
 【 これまでのお話 】
 
   [ blog ] VAB EJ20 改! 公認 2.2 リッター化
   第1話 2.2 リッター化の本当のメリットとは?!
   第2話 使用パーツについて
 
 
 
 【 公認の取得方法について 】
 
 
  
 
  2.2リッター公認の取得には、改造車として申請登録して新しい車検証を発行してもらいます。
 
  ひとくちに改造申請と言ってもいろいろあると思いますが、排気量の変更にはあらかじめ改造の詳細を記載した
  書類を作成して、事前に国の機関に提出し審査を受ける必要があります。
 
  この審査に使う書類は専門家に作成して頂き、審査が通った書類を陸運局に持参して、車両が確かに申請の
  通りになっているかチェックを受け、問題無ければ新しい車検証が発行される仕組みです。
 
   ※ 型式に 「 改 」 の文字が付き、申請番号が新しい車検証の左下の備考欄に記載されます
 
 
 
  つまり、陸運局に行く時には、すでに 「 確実に車検が通る書類 」 を持参しているワケで、
  あとは下の写真のように車検レーンで車両のチェックを受ければ完了です。
  
  
 
 
  ただし、注意点があります。
 
  まず、車両の重量です。
  VAB 型の場合、新車時の車両重量は 1480 〜 1490kg あたりという事になっていますが、
  実際にオーディオやナビなどを付けたり、オプション品などを含めると 1500kg を超えてしまう事があります。
 
  1500kg を超えてしまいますと、車検時に支払う税金が少々高くなってしまいますので要注意です。
 
  外せる物は全て外してから陸運局に行くのが良いでしょう。
 
 
  あとは勿論、普通に車検に通る状態になっていないとダメですので、ひと通りの整備を行って
  問題のありそうなバーツは取り外すか、正常な物と交換しておきましょう。
 
 
  私の場合、スーパーチャージャー付きの状態で行きましたが、問題無く通りました。
  ( しかし、その分が重くなってしまい、1500kg 超えで税金が高くなってしまいました (苦笑) )
 
 
 
 なお、申請に必要な書類作成をお受け致します!!
 ご希望の方は、メールでご連絡下さい。
 
 
 ※ 作成した書類を陸運局で使用する際は、整備工場などプロの業者の方に依頼して下さい。
 
 
 

備考

 
 関連ページ : t-get ( ティーゲット )
 
 ※ 記事掲載日 : 2017/02/01

ページの上部へ