▲ GRB/GRF/GVB/GVF/GH/GE 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
HKS 製 フラッシュエディター (Flash Editor)
驚異のお手軽パワーアップ!!
第2話 サーキット等での実走行の感想

 
HKS のホームページへ
 ▼ HKS 製 フラッシュエディター 第2話 サーキット等での実走行の感想
 
 【 これまでの記事 】
  
  HKS フラッシュエディター (Flash Editor)、はじめました ( ブログでのチューニング予告 )
  HKS フラッシュエディター (Flash Editor) 第1話 純正ECUとの比較 パワーチェック
 
 
 
 【 HKS 製 フラッシュエディター (Flash Editor) とは… 】
 
  
  純正 ECU をお手軽にチューニング ECU へと書き換え出来る優れものツール。
  お車に純正装備された 「 車両診断用コネクター 」 に繋いで、簡単に ECU が書き換え可能。
 
  これさえあれば、燃調系、点火系、可変バルタイ、電子スロットル調整、スピードリミッターカットなど、
  いじれるところが盛り沢山。( 既存データ以外に書き換えるには HKSパワーライター店で行う )
 
  また、いつでもノーマルECUに戻せるので安心して使用できます。
 
  なお、当インプレッサネットでは、「 市販の吊しデータ品 」 ではなく、F-con の時と同様に
  ティーゲット社 ( パワーライター店 ) が作成したスペシャルデータ入り 「 特別仕様版 」 を
  中心に記事を進めて行きます。
  ( この仕様は、スーパーオートバックス熊谷店で直接購入可、または、当インプレッサネットで通販予定 )
 
 
 
 【 サーキットなど実走行での感想 】
 
   
 
  まず最初に書いておきますが、実はセッティングに使った GRB は、走行会前だったと言う事もあり、
  本来セッティング時には必ずしておくべきメンテナンスが行われていませんでした (^^;; ヒヤアセ
 
  オイル交換や、エアクリ交換、走行距離の進んだ車両ならプラグ交換も必要です。
  これらをしっかり行っていないと、折角のセッティングでもパワーが出にくくなってしまいますからね。
 
  セッティング後、走行会に間に合うよう急いでフルメンテナンスを行いましたので、パワー計測を
  した時よりも更に数馬力ほど UP している事でしょう。
  ( 走行会の前日までスーパーオートバックス熊谷店に展示していたため 1日でフルメンテです (^^ゞ )
  特に低回転域での立ち、高回転域での伸びなど、パワー計測グラフ以上になっているハズです。
 
  実際、筑波サーキットコース1000 にて、メインストレート前で見ていたギャラリーの皆さんから
  「 あの GRBは、ストレートが他車より速い 」 という声が多数ありました。
  やっぱりパワーアップ ・ トルクアップの効果が顕著に出るのは思いっきりブン回せるストレート。
  ECU を書き換えて得たパワーとトルクがまさに炸裂と言ったところでしょうか。
 
 
 ↓ ここからは GRB オーナーご本人のご感想です ------------------------------------
 
  サーキット : SI-DRIVE = S# で走行
  一般道   : SI-DRIVE = S で走行
 
  3週間ぶりの愛車、しかも馬力/トルク共に増強、加えていきなりのTC1000。
  プロのレビュアーでない自分にはどれだけ上手く伝えられるか分かりませんが…
  とはいってもここはサーキット! …踏み込めますからね。素人なりの雑感を述べたいと思います。
 
  今までよりも、とにかく全回転域で車が素直に付いてきてくれる、馬力/トルクの増大が体感できる。
  一言でいうなら、これに尽きると思います。
  アクセル開閉に応じて、欲しいときに欲しいだけの動力がタイヤに伝わって、ドライバーの意思が
  直にスロットルバルブまで送られている、って感じました。 この感覚、最高ですね。
  ノーマルと比べるなら、兎に角、リニア&ダイレクト!
 
  トルクのつきがいいと、当然ストレートのスピードも良くのびてくれます。
  また今まではアクセル踏んでも僅かなトラクションしか感じられなかったポイントがあるのですが、
  そこで同じことをすると踏度に応じたトラクションによってタイヤが悲鳴をあげ始めるので
  まだまだパワーに余裕があるんだと、うれしくて思わず顔がにやけてしまいそうでした。
  勿論これは逆に色んな状況でアクセルコントロールし易いってことだと思います。
  サーキットを走らせていて今まで以上に車を操る楽しさを感じることができました。
 
  それと町乗りで感じたのは、乗り易い、低回転(発進時〜ブーストが掛りだす3000rpm位まで)からの
  トルクのつきが格段に良くなってること。
  GDの頃から「何か車が付いてこないなぁ?」と低回転からの立ち上がりに不満を持っていた自分にとって、
  この変化は非常に有難い!
  最大トルクがいくつで最大馬力がいくつになったとか、とかくそのパーツの売りデータにばかり目の行き
  がちですが、「ストレス無く街乗りし易い仕様が超手軽作業で低価格」 …むしろこちらの方の恩恵が
  大きいのではないかと感じました。
  街乗りだけしか使わない、というドライバーの方にも本当にお勧めです。
 
 ↑ ここまで -------------------------------------------------------------------
 
 
 
 【 ティーゲット ・ 堺さん制作データ入りの 「 HKSフラッシュエディター特別仕様 」 販売します! 】
 
  → 詳しくは、こちらのページをご覧下さい
 
 
 
 ▼ お問い合わせ先など
  
 ■ 製品に関するお問い合わせ先
 
   → ネット通販に関するご質問受付
   → HKS のホームページへ
   → スーパーオートバックス熊谷店 ( 記事作成協力 : HKS製品に詳しいお店です )
   → ティーゲットのホームページ ( 記事作成協力 : HKSパワーライター店 )
 
 ※ 記事掲載日 : 2012/07/11
 
 
  IMPREZA-NET(インプレッサ ネット) スバル ・ インプレッサ全般 ・ WRX STI 総合情報サイト