▲ VAB/VAG/VMG/VM4 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
レカロシート 第2話 SR-7 LASSIC 取付詳細
 

レカロシート 第2話 SR-7 LASSIC 取付詳細


 
 前回の 続きで、取付詳細です。
 
 
 
 
 運転席を外す前に厚手のガムテープ等をボディーに貼って保護します。
 特に電動シートは重いので持ちにくいため、ボディーと接触して傷にならないよう、
 しっかりと周囲を保護しておくのがお薦めです。
 
 
 
 
 シートの下には、電動シートの配線や、シートベルトホルダー、エアバッグの配線が繋がっています。
 シート固定ボルトを抜いたら、一旦シートを後方へと倒してシート下の配線を抜きます。
 エアバッグの配線のコネクターは、上の写真のように部分的にスライドさせて外します。
 
 
 
      
 シートレールを説明書をよく読んで組み立てます。
 予備のボルトナットも多く入っているので、まずは使用するパーツと使用しないパーツに
 より分けておくと良いです。
 
 
 
      
 純正シートが外れたら、シートベルトホルダーを外してレカロのほうへ移植します。
 
 ちなみにシートを外す前に、シート高を一番上げた状態にしておくこと。
 そうしないと、シートベルトホルダー配線のコネクターが上手く抜けません。要注意です。
 
 
 
      
 シートベルトホルダーを移植完了 ( 左上の写真 )。
 車体側のエアバッグ配線に付属のダミー抵抗を結線します。( 右上の写真 )
 エレクトロタップが付属しますが、スプライス等を使用してガッチリと結線しておくのがお薦めです。
 
 
 
 
 シートレールは高さが 3段階に調節出来るようになっていますが、
 VAB の場合はサイドブレーキレバーがシートと干渉するため、
 一番下に下げた位置に取り付けるのが良いようです。
 ( 後側のボルト止め部分は、干渉部分を切り落として使用します )
 
 シートとシートレールの間には、付属のスペーサーを入れてネジ止め。
 一番下げた位置で固定すると純正よりも約 1センチ程度下がった状態になります。
 
 
 …で、ここで何通りかボルト固定位置を変えてシートの高さ調整をして
 座り心地を試してみました。
 
 まず、前後ともボルト穴位置を真ん中にすると、シートとサイドブレーキレバーが少し干渉します。
 ですが、全く使えないというワケではありません。
 シートを前後にずらす時に注意しながら動かせば何とかなる程度です。
 シート高は純正とさほど変わらない感じです。
 ただし、クラッチを踏んだ時など太ももの裏側がシート座面に圧迫されてしまうので
 運転が少々しずらいです。
 
 そこで、前側だけ 1段下げてみました。
 クラッチ操作時の太もも裏側の圧迫感が無くなり、イイ感じです。
 前が 1段下がっていても、変な前のめりな感じは無く、普通に安定して座れます。
 シート高は微妙に純正よりも下がった感じでしょうか。
 私的にはベストポジションだと感じましたので、とりあえずこの状態のまましばらく
 乗ってみることにしますね。
 
 
 
 
 
 
 
 

備考

 
 関連ページ : CLUB RECARO
 
 ※ 記事掲載日 : 2017/06/14

ページの上部へ