IMPREZA-NET

▲ VAB/VAG/VMG/VM4 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
EJ20改 公認 2.2 リッター化


第6話 純正ECU のリプロ



【 これまでのお話 】

[ blog ] VAB EJ20 改! 公認 2.2 リッター化
第1話 2.2 リッター化の本当のメリットとは?!
第2話 使用パーツについて
第3話 公認の取得方法について
第4話 慣らし運転での手応え
第5話 F-con V-Pro セッティング & パワー計測 詳細



【 純正ECU のリプロ 】

2.2リッターエンジンの制御は、F-con V-Pro を使って制御しています。
V-Pro は区分的には 「 フルコン 」 になるので、純正 ECU を取り外して全てを制御しているイメージが
あるかと思いますが、近年の純正 ECU は非常に複雑なので完全に切り離すのは容易ではありません。

2.2リッターエンジンでも、イモビ、可変バルタイやアクセル開度など、純正 ECU の制御が残っていて
F-con V-Pro と共存している状態です。

そのため、純正 ECU は部分的に生かされている状態で自己学習も行われています。

VAB-A 型の純正 ECU は、使用状況などによって 「 アイドリング 〜 低回転域でハンチング 」 が
起きる不具合が有名ですが、これは自己学習の状況から症状が出たり出なかったりするようで、
これまで私の VAB は色々といじって来たにも関わらず、その症状がまったく見られなかったために
この不具合対策の 「 リプロ 」 をずっと行わずに来たのですが。。。

ところが 2.2リッター化したあと、気温が高くなった初夏の頃から、どうもアクセルのツキが不自然になる
時があるので、純正 ECU の自己学習をリセットしたり、走り方を変えて自己学習に変化が出るように
試行錯誤してみたのですが、どうにも症状が消えない。

具体的には、一定開度でアクセルを踏んでいても、スロットルが安定せずにハンチングする感じ。。。

まあ、先にも書きましたように、純正 ECU は部分的に生かしてあるため中途半端な自己学習を
してしまうせいなのか、気候が変わったあとはどうにもいうことを聞きません。

…で、とうとう私の VAB も 「 アイドリング 〜 低回転域でハンチング 」 の病に冒されてしまったと観念し
リプロを試してみることにしました。




↑ リプロ後の ECU-ID ( フラッシュエディターのステータス画面 )

※ 余談ですが…  公認車検取得してますので、堂々とディーラーにも行けます! (^o^)v



リプロ後は、あれほど悩まされていたアクセルの不自然さが見事に解消!!

私の VAB の場合は F-con V-Pro がほとんどの制御をしているおかげで、リプロしても走り自体には
全くの影響がありませんでした。
無論、リプロ後に純正 ECU は 特別仕様版 ( スーパーチャージャー用 ) へと書き換えていますので
結果的にアクセルの不具合だけがクリアされた、という感じでしょうか。

もっと早くやればよかったと思います (笑)


なお、リプロの際の注意点ですが、フラッシュエディターを使用している場合はリプロを行う前に
必ず 「 純正データ 」 に戻しておく必要があります。
これをやっておかないと、使用中のフラッシュエディターは、二度と使用出来なくなるので要注意!

また、リプロをする・しないに関わらず、ディーラーに行く時はどんなに些細な場合であっても、
必ず純正データに戻すようにしましょう。
ディーラーの方の親切心からか、勝手にリプロされてしまう事も珍しくありません。
気を付けましょう!


備考

 
関連ページ : t-get ( ティーゲット )

※ 記事掲載日 : 2017/08/29

大好評! オリジナルユニット!

オリジナル通販

特別仕様商品

IMPREZA-NET

BRZ & 86