▲ VAB/VAG/VMG/VM4 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
VYNATEC (ヴァイナテック) 製
リニアクルーズ LC310 第3話 : 設定について

 

VYNATEC (ヴァイナテック) 製 リニアクルーズ LC310  第3話 : 設定について

 
 【 これまでのお話 】
 
  ・ ブログ記事 「 ヴァイナテック製 リニアクルーズ LC310
  ・ ヴァイナテック製 リニアクルーズ LC310 第1話 取付詳細
  ・ ヴァイナテック製 リニアクルーズ LC310 第2話 純正スイッチの接続
 
 
 
 今回は、説明書には載っていない設定ワザをいくつかご紹介致します
 
 
 
 
 【 CAN-bus 信号情報認識で、アクセル信号も確認 】
 
  OBDII 接続で CAN-bus 信号の認識を行った時、正常認識で 3回 「 ピッ 」 が鳴ったあと、
  「 プー、プー 」 と連続音が鳴る場合がありますが、これには以下のような意味があります。
 
   2回ずつ鳴る  → アクセル開度 1 〜 99%
   3回ずつ鳴る  → アクセル開度 100%
 
  これが正常に確認出来れば、その後の 「 アクセルペダルの登録 」 の作業をしなくても OK
 
 
 
 
 【 セット・モードについて 】
 
  ※ セット・モード = 各種設定を行う時にセット・モードにする
 
 
  キットに付属されている取扱説明書では、
    1.エンジンをかける前にセット・モードにするパターン
    2.エンジンをかけた後にセットモードにするパターン
  の 2つが書かれてあります。
 
  エンジンをかけると、セット・モードから通常モードに戻ってしまう車種があるようで
  ( セルを回した時の電圧降下で、クルコンの電源が一旦切れてしまうために起きる現象 )
  そういった車種ではエンジンをかけた後にセット・モードにします。
 
  そのため取扱説明書ではあえて 2つに分けて説明しているようです。
 
  しかし、取り付ける車種やクルコンのバージョンによっては、上記とは逆にエンジンをかけた後だと
  上手くセット・モードにならない場合もあります。
 
  ※ 「 第1話 取付詳細 」 の方法で OBDII から電源を取った場合、エンジンをかける前に
    セット・モードにしておけば、エンジンをかけてもセット・モードの状態をキープ。
    ( その代わり、エンジンをかけた後だとセット・モードにならない )
 
 
  私の VAB もそうですが、エンジンをかける前にセット・モードにしておけば、エンジンをかけた後でも
  セット・モードを正常にキープできるので特に問題ありません。
 
 
 
 
 【 感度調整について 】
 
  感度調整を行った後にブレーキを踏むと設定が決定されて、感度調整モードから モード OUT しますが
  そこから 「 SET 」 を押すと、ふたたび感度調整モードへと モード IN 出来ます。
 
  なので、
 
    ブレーキを踏んで 一旦 モード OUT
       ↓
    SET を押す ( クルーズコントロール状態になり、同時に モード IN )
       ↓
    クルーズコントロール状態で走らせて設定状態を確認
       ↓
    SET、または、RES 操作で感度調整 
       ↓
    ブレーキを踏んで 一旦 モード OUT
 
  を繰り返して、設定を煮詰める事が可能です。 
 
 
  ちなみに 「 加速度調整 」 でも同様に、ブレーキを踏んで モード OUT した後、「 SET 」 を押して
  ふたたび モード IN が出来ます。
 
 
 
 
 
 
 ※ 注意事項
 
  上記の操作方法等は、私が購入した時点のクルコンのバージョンのお話です。
  その後、これらは変更されている可能性もあります。
  もし、現状と違っていても、ご容赦のほど宜しくお願い致します。

 
 
 

備考

  
 ※ 記事掲載日 : 2016/08/05

ページの上部へ