IMPREZA-NET

▲ VAB/VAG/VMG/VM4 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
▲ GRB/GRF/GVB/GVF/GH/GE 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
▲ ガンガン行くぜ!GDB/GD 系チューニング 2nd メニューへ
 


[ ご購入はこちら ] [ よくあるご質問とその回答 ] [ ご感想・ひと言メッセージ ]

 

センターデフインジケーター バージョン3  VAB / GRB / GVB / GDB 型に対応!

 

ご購入のお申込みやご質問はこちらから

初期バージョン発売から早くも 10年以上!!
 
超ロングセラーの大人気アイテム♪
 
ご検討中の皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

 
 

多機能&小型化!最新バージョン3! DCCD の動きを知れば走りも変わる!

 
インプレッサ STI バージョンの特有メカである DCCD ( ドライバーズ・コントロール・センター・デフ )
 
その DCCD のオートモードって、実際どんなふうに動いているんだろうね?
 
そんな疑問から作り始めた 「 センターデフ・インジケーター 」
更なる改良を加えて 「 バージョン3 」 の登場です!!
 
実際に皆さんから頂いた声をもとに、以下のような改良を加えました。
 
 
【 超小型化 】
 
  
上(左) の写真は、500円玉や 100円ライターとの大きさ比較です。
本体ユニットは今までにないぐらい小型化に成功!
 
以前より皆さんからのご要望が多かった 「 純正と同じ縦表示 」 に変更。
純正には出来ない 「 DCCD の変化のリアルタイム表示 」 が可能です。
GRB / GVB はもちろん、GDB にも使用出来ます。
 
表示は純正の倍の 「 10段階表示 」 です。
表示部分には SI-Auto ユニット で評判の バー表示型 LED を採用。
 
 
【 多彩な表示機能 】
 

DCCD がフリー状態の時 ( DCCD ロック率 0% ) に、
それを知らせる LED ( 緑色 ) を 点灯させる事が可能になりました。
無論、今までと同様にフリー時は何も点灯させない設定も可能です。
 

オーディオレベルメーターのような 「 ピークホールド表示機能 」 を搭載。
ピークホールド表示のあり・無しの切り替えも簡単に出来ます。
 

例えば 「 レブインジケーター 」 のように任意に設定した値になると
お知らせ用 LED ( 赤色 ) を 点滅させる事が可能です。
 
※ 点滅する LED は、市販のレブインジケーターのように光量 ( 輝度 ) はやや高めです
 
上の写真の例では、DCCD ロック率 70% 以上で点滅して知らせるよう設定してあります。
( 設定は 30〜100% の範囲で変更可 )
もちろんこの機能も表示あり・無しの切り替えが可能です。
 
なお、この機能には外部出力用の端子もあり、市販の電子ブザーを繋げると
お知らせ用 LED の点滅に合わせて音を鳴らす事も出来ます。
 
スポーツ走行時など、なかなかインジケーターに目を向ける事が出来ない状況下でも
音を聞く事によって 「 DCCD のおよその状態 」 を把握する事に役立ちます。
 
また、電子ブザーの ON ・ OFF 切り替えも、本体で簡単に設定可能です。
 
 
 

動作について

 
純正メーターパネル内にあるインジケーターでは表示出来ない 「 オートモード時の状態 」 を
リアルタイム表示させる事が可能です。
 
まずは、動作を撮影したムービー をご覧下さい。
 
※ ムービーは、旧モデルの時のものですが、基本の動作は同じです。
 
 
普通の街中の道路です。
交差点を曲がって幹線道路に出て、ただ直進してるだけなんですが DCCD オートモードの制御って
結構細かく動いているんですね〜
これは大発見です!!
いや〜面白い!!
 
 
こちらは、サーキット走行での動作を撮影したムービー です。
 
※ ムービーは、旧モデルの時のものですが、基本の動作は同じです。
 

軽く流している程度の走りですが、インジケーターは頻繁に変化します!
アクセル開度やブレーキ操作、旋回時の G のかかり具合などで常に変化して面白いですよ!
 
ムービーを見るには、Windows Media Player などが必要です。
インターネット環境が高速回線でない場合、ローカルマシンに保存して再生するのがお奨です。
 
 
センターデフの動きが判れば、走らせ方も変わってきますよね。
ある程度走らせてインジケーターの動きを観察すれば、どういった時にロック方向に働くか、
または、フリー方向に働くかがおのずと判ってきます。
それが判って来れば、DCCD の特性に合わせた走らせ方も可能になって来ます!
 
この 「 センターデフ・インジケーター 」 には、センターデフの状態表示機能しかありませんが
ドライビングテクニックを向上させるのに充分役立つ機能だと言えるでしょう!
 
 
IMPREZA-NET の自信作!!
 
センターデフ・インジケーターで走りを楽しもう!!
 
 

 
ユーザーの皆さんからの ご感想・ご使用レポート も掲載しております!
 
ご検討中の皆さん、是非ご参考にどうぞ!!
 
 
 
 
 

純正インジケーターとの違い

 
  
↑ 純正のインジケーターはマニュアルモード時にしか表示出来ません。( 左:GDB、右:GRB )
 
しかも、実際は DCCD の状態を表示しているワケではなく、設定位置を表示しているだけにすぎません。
 
例えば、上の写真の状態で走行中にサイドブレーキを引いても表示は変わりませんよね。
本当ならサイドブレーキを引いたらフリーになるので、表示もフリーになってほしいところですが
純正のインジケーターはそうなりません。
これはセンターデフの状態をモニターしているのではなく、純正スイッチの状態をモニターして
いるためでしょう。
 

オートモードでも、マニュアルモードでも、DCCD の制御状態をモニターできます!!
ブレーキを踏んだりサイドを引けば、ロック状態でも瞬時にフリー側へと表示が変わります。
 
しかも、純正のインジケーターの表示はたったの 5段階表示しかありませんでしたが、
この 「 センターデフ・インジケーター 」 は倍の10段階表示です!
 
※ 純正は、ロック率 0% の起点を含めて 6段階 ( 本来なら数えないゼロを入れて 6段階 )
本製品は、ロック率 0% の起点も含めると 11段階です。
 
微妙な状態からセンターデフロックまで、細かくリアルタイムに表示します。
 
 
 

たとえば、こんな使い方!

 
いつも楽しんでいるワインディングロードや、サーキットでのスポーツ走行。
例えばコーナーの出口で、自分の走らせ方では DCCD のオートモードの時にロック率 60%程度に
なるとします。
「 もうちょっとロック気味にならないかなぁ。。。 」 と思う場合、まず DCCD をマニュアルモードにして
ダイヤルを調整し、ロック率70〜80%ぐらいにしておきます。そしてオートモードに戻しておきましょう。
実際にコーナーの出口などで 「 センターデフ・インジケーター 」 を見て、ロック率が足りない時だけ
手動でマニュアルモードに切り替えてロック率を引き上げてやれば OK です!
これは DCCD の状態がリアルタイムで見れるからこそ出来る技ですね (^-^)v
 
 
 

仕様等について

 
▼ オリジナル専用基板を使用
本格的にキチンと専用設計を行い、一流メーカーも利用する基板工場で作成しました。(^-^)v
基板は文字通り製品の基 ( もと : 土台、基礎と言う意味 ) ですからね〜
大事な部分は本物志向で、真面目に作っています!
 
 
 
大好評! フルカラー写真入り A4 サイズの取付説明書

 
当サイトの他の商品でも大好評の 「 フルカラー A4 サイズ 」 の詳細説明書。
内装のバラしかたや、結線方法に至るまで バッチリ解説してあります!
万が一、判らない部分があった際はメールで迅速にサポート致します。ご安心下さい。
アフターサポートに関しましては、こちらのページをご覧下さい
 
 
 
▼ 取付簡単! 配線3本、はさむだけ!
配線の接続はたった3本で動作可能です! ( 電子ブザーを使用する際は プラス2本 )
市販の配線コネクター等を使えば、誰でも簡単に結線することが可能です。
 
手慣れた人なら結線作業はわずか数分、ゆっくり・じっくりやっても 1時間もあれば結線可能でしょう。
DIY が初めてと言う人にも 「 DIY 入門 」 として楽しめると思います!
 
 
 
▼ 大好評 ★ キャッシュバックキャンペーン
取り付けた感想など、ひと言メッセージを募集しております。
2〜3行程度の簡単な文面でも結構ですので、メールで是非コメントをお送り下さい。
メッセージをお寄せ頂いた皆様の中から抽選で ¥3,000円 キャッシュバックプレゼント!
 
今回は特にメッセージだけでなく、取り付けたお車のお写真も一緒に送って頂ければそのお写真も
掲載させて頂きます。
 
※ キャッシュバックキャンペーンのお申込は、お写真無しでも OK です。
 
「 工夫を凝らして取り付けた 」 など、取付自慢のお写真も大歓迎です!!
キャンペーンお申込方法など詳しくは、商品発送時のメールをご覧下さい。
 
 
 


販売に関する表記事項

 
通販窓口 IMPREZA-NET まさ!
ホームページ http://www.impreza.gr.jp/
商品代金以外の料金 振込手数料 ( 銀行振込・郵便振替 )
郵便送付料金、または宅配便送料金
代金の支払い方法 前払いでお願いします。
ご注文の有効期限 ご注文の確認メールから約1週間以内にご送金願います。
( こちらから送るメールに期限がかいてあります。)
メール送付後、期限内にご入金またはご連絡が無い場合は
キャンセルとさせて頂きます。あらかじめご理解ご容赦願います。
商品の引渡時期 在庫がある場合はすぐに発送致します。
在庫が無い場合は製品が出来次第、順次発送致します。
返品の可否 製品の性質上、基本的にノークレーム・ノーリターンでお願いします。
( 製造に起因する初期の不良に限り交換致します。)
キャンセルの扱い 代金ご入金後のキャンセルは出来ません。
お申込方法 こちらのページ をご覧下さい。
  
記事掲載日 : 2010.03/16
最終更新日 : 2019.07/06